プログラミング イベント

子供が通っているプログラミング教室のイベントに参加してきました。

日曜日なので、旦那も来るかと思ったら、仕事に行くと言って出かけてしまいました。自営業なもんで、

明日やる分を今日やってしまうって事もありです。

本当に仕事はしてるんだと思いますが、今日する必要はないんです。

イベントに行きたくないが為に、

言い訳したのは分かってます。

今までもそんな感じなので、

子供も別に気にしなくなってる。

私もスルー。

今年は、子供が自分で作ったゲームを発表しました。

実際にお客さんにゲームをやってもらいます。


私が生理になる時って、何かのイベントと重なる時が多いんだけど、

今回もあたりました。

何が嫌って、初日は決まって下痢するんだよね。家でゆっくりしていたいのですがそうもいかないのが辛い。

でもまぁ、今回はトイレにも自由に行けるし、場所も横浜駅近くでしたので、移動が楽でよかった。











どこかで見たような

リストカットの講演会の先生の

写真を見て、なんかどこかで見たような、知ってるような感じがずっと

していたのですが、今日思い出した。カリスマ美容師の木村直人って

人に似てるんだ。それだけなんだけど、スッキリした。

ちょっと検索したら、ホリエモンと対談した動画を発見ww

リストカット 子供のSOS

子供が学校からもらってきたチラシで知った講演会に申し込んでいたので

行ってきました。

10時から開始なので、1時間前には家を出たいなと思っていたのですが、

なぜだか私の頭には9時半に家を出ればいいとインプットされていて、

9時半に家をでて、会場に着いたら10時10分w

何かこういう思い込み?勘違い?たまにやるのよね私。

でも、よく10分遅れぐらいで行けたなと思う。

天気が悪いとバスは大幅に遅れるのに、バス停に行ったらすぐ乗れたし、

渋滞もなくスムーズに駅に到着。電車にも待たずにすぐ乗れた。

会場も初めて行ったところだったけど、迷わなかったし。

遅れていきましたが、入れてもらえてよかった。

 

講師の先生は精神科医の方。

リストカットというと、女の子ってイメージがあるけども

意外と男の子もしてるらしい。

ただ、女の子の方が大人に助けを求める場合が多いので

分かりやすい。男の子は誰にも言わないことが多いそう。

リストカットをする子の背景には虐待があることも多いと思いますが、

私はしたことないです。死にたいと思ったことは何回もありますが、

自分の体を傷つけようと思ったことはないですね。

周りの人間から虐げられているのに、

自分で自分の体も傷つけだしたらもう終わりだと思っていましたから。

でも、リストカットをすることでなんとか生きている子達も多いんです。

講師の先生が、リストカットしたことない方がいましたら

今日家に帰ったら、夜一人になれる状況でリストカットしてみてくださいって言ってて驚きました。

やってみて、痛いと思った人は、まぁ普通の人。

スーっとするとか、安心するとか思った人は、依存する可能性が高いタイプなので

もうやらないようにとww

リストカットを何回も繰り返してしまう子に、話を聞いてみると、

スーッとするとか、安心するとか言うんだそう。

脳内麻薬がでるから。

リストカットをする子達の背景には、様々な理由があるし、

リストカットをすることで何とか自分を保って生きてる子に対して、

そんなことすぐやめなさいと言ってはいけないと。

好きなだけ切っていいよって、すすめていいわけではないですが。

その他、いろんな話を聞きました。

途中、自分の過去とか思い出したりして、ちょっと動悸がしてきちゃったり。

ヒーリング音楽でしのぎました。行ってよかったです。

あと、もらったレジュメにリストカットして血が流れている手首のイラストがあったのですが、前は、本物の写真にしていたらしい。だけど、臨床心理士を対象にした講演会でドーンとそれが映ったら、倒れちゃった人がいてそれ以来、イラストに変えたようです。

大丈夫ですか?って一応声はかけたけど、内心はあなたのような人は、

臨床心理士は辞めたらいいと思ったそう。そういう人って、当事者からしたらすごい迷惑だし自分のせいでこんなことに・・・と、責めてしまったりするからって。

臨床心理士さん達には、定期的にあってきましたが、微妙な人もいましたよ。そういうことは、

本人に言ってあげればいいと思うんだけどね。言ったら問題になってしまいますかね。

その倒れた人だって、わざと倒れたわけじゃないと思うし、色々背景があるとおもいますが、向いてないんだったら辞めて欲しいよ。

これで思い出したのは、アスペルガーだけど小学校の先生として長年勤めているという人の本を読んだことありますが、当事者だからこそ、自分と同じような子供の助けになりたくて先生になったそう。そういう先生が増えてくれればいいとおもいますが、でも、向いてないんだったら話は別

生徒の顔は覚えられない。同僚や保護者とのコミュニケーションを取るのが難しい。気温の変化に弱すぎる。泳ぐのは得意だけど、プールサイドを裸足で歩けないだったかな?

まだ他にもいっぱいありましたが、

その中でも、発達障害の子が困って泣いている時に、すごく気持ちがわかる。だけどどうしてあげていいのかわからない。支援できないって書いてあって、そりゃダメだと思いました。でも工夫して乗り切ってきたというのだけど・・・

うーん、こんな先生が担任だったら嫌だとおもいました。 

 一回鬱になって、休職していたらしいのですが転職しようとはおもわなかったみたいですね。自分で合わないと分かっても。

職員室で具合が悪くて毎日寝てた時もあったようですが、同僚の先生や校長先生も辞めた方がいいと思ってたと思うんですけどね。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大前提として

横山浩之医師の書いた本を最近読んでます。教師向けの本だけどね。

ネットで検索して出てきた事なんですが、クラス作りをするにあたって、大前提として子供にとって母親的存在(全てを受け止めてくれる存在)があること。
そういう存在が子供達、一人一人にあるのかどうかを考えなくてはならないんだそう。
いない子はどうするのよ・・・
うまく配慮しながらやれる先生がどれだけいるんでしょうね。
 
私にはそういう存在はいません。
全てを受け止めてもらってるって、
私は感じたことがない。
全てを受け止めてくれる存在って自分の親っていう人が多いのな?一般的に。
受け止めてくれるのは人じゃなくてもいいのかも?ww
私にはそんな存在はいませんが、
今は少しずつですが、自力でいい方にいけているように思います。
人から見てどうかは知りませんよ。
全てを受け止めてくれる存在があるかないかでは、人生にえらい差があると思います。
でもいないもんは仕方がない。
羨ましがっても仕方がない。
これからできるかもしれません。
自分が受け止めてあげられる存在にはなりたいと思います。
 だだ、受け止めてくれる存在がある人の方が、色々あっても早めに気づいて、自分の行く道を歩んでいるようにおもいます。
 
 
 
 
 

療育講座

療育センターとは小学校に行ってしまうと、あまりかかわりがなくなってしまうのですが、小学生がいる保護者向けの講座もやっています。

それに当たったので行ってきました。

今年の3月まで?横浜市総合リハビリテーションセンターに臨床心理士として長く勤めていて、今は大学の教授をしている先生でした。

折れない心を育てる レジリエンスの話しを聞きました。

レジリエンスは回復力とか弾力性って意味。

自尊心を育てるのも大事だけど、レジリエンスも育てていくのが大事って事でした。

失敗を経験させる。少しぐらい失敗しても大丈夫なんだと言う経験をさせるのが

大事。あと、発達障害の子は他人のふり見て我がふり直せができないので、

基本的な日常生活の管理や健康管理など、親が少しずつ教えて子供が一人でできるようにしていかなければならない。それができていないと、いくらいい大学をでても就職するのが難しい。就職できなくて相談に来る発達障害の人を調べると、基本的な生活習慣が身についていない人が多いのだそう。学校で教えてくれるだろうと思ってはダメ。

学校の先生が教えてくれるのはあくまでも、学校での中の事だから。

生活図鑑など利用するといいと、紹介された図鑑が家にあるやつだったww

最近全然みてない・・・

子供に教えることがいっぱいだ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強

毎日、子供と一緒に勉強をしてますが、とにかく私自身、勉強ができないもんで苦労してます。いろいろ工夫をしていますが、なかなか手応えは感じられず。子供も嫌がってはいないものの微妙。なにか手がかりがないものかと最近は教師向けの本を読むようになりましたw

やっぱりうちの子のような凸凹が激しいタイプは教えるのが難しいようですね。でも、そういう子をちゃんと教えられるのがプロだと本を出すような先生は言いますけどね。そんな先生はほとんどいないんじゃない?だって大変だもの。

どんなに頑張っても給料同じだし。

私はできない子をすくい上げるような教え方をする先生には出会わなかった。そんな先生に一人でも会えていたら、私の人生変わっていたかもしれないなんてちょっと思います。

今更どうでもいいですが。

今、うちの子は特に問題なく学校に通ってるし、先生方にもよくして頂いてると思いますが、学習面に対してはどうかな…家でなにもしなかったら完全にアウトだろうね。伸びてる感じがしない。環境は悪くないと思うのだけど。

子供と勉強してると、これが分かるならこれも解けるはずっていうのが当てはまらないから大変なんです。学習が積み重なっていかないんだよ。












懇談会

交流級と個別級の懇談会に行ってきました。

交流級は33人いるんだけど、

きていた保護者は10人いなかった。

まあ、行かなくてもなんの不都合も

ないですからね。

個別級の方も、例年と同じような

内容でした。